コンビーズが提供するサービスへの思いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社長インタビュー

弊社代表取締役の平井へ、広報担当があらゆる切り口でインタビュー。メディア記事や面接では語りきれないコンビーズへの思いについて、たっぷり聞いてみました。
社長へのインタビューシリーズ第6弾。今回はコンビーズが提供するサービスに対する思いをインタビューしました!

――今回はコンビーズの各サービスについてお聞きしたいと思いますが、その前に、サービスを提供するにあたって、共通して大切にしていることがあれば教えてください。

平井:企画開発からシステム開発、コンテンツ運営や顧客サポートまで、コンビーズが一貫して行いたいという思いがあります。お客様からお声をいただいたとき、その方がすぐにサービス改善に繋げられるんです。

――お客様のお声を第一に大切にしているということですね。

平井:そうですね、これまでお客様の声があったからこそ、コンビーズは15年以上続けてこられました。お客様の声は何よりも大切にすべきだと思っています。その思いが高じて、弊社サービスの管理画面に「ぼやきフォーム」という、些細な声でも拾えるフォームを設けました。実際に、「ここの機能をもっと使いやすくしてほしい」という声を受けて、機能改善に繋げたことも本当にたくさんあります。これは弊社だけでなくもっとたくさんの方に使っていただけるサービスだと思いましたので、今年の3月には正式なサービスとしてリリースしました。

――ぼやきフォームはYahoo!ニュースにも取り上げられたので、お申し込みが一気に増えましたね。

平井:面白いツールだと思ってもらえたんでしょうね。これまで、あまりこういうサービスが出ていませんでしたから。これからもたくさんの方に使っていただければと思います。
ぼやきフォームとは 

――私も広報としてぼやきフォームの知名度を上げられるよう頑張ります!
では、そんなぼやきフォームが最初に設置されたコンビーズメール・コンビーズメールプラスについて教えていただきたいと思います。

平井:私がコンビーズを立ち上げる前に、「なーるほど!ドットコム」というメルマガを配信していたんですが、当時利用していたメール配信システムが自分に合わなくて、「もっとこういう風に使えたらいいのにな」っていう思いがあったので、自分でメール配信システムを作ってしまったんです。

――無ければ作ればいいじゃない、の精神ですね(笑)

平井:もっと、かゆいところに手が届くというか、そういうサービスが欲しくて。それがコンビーズメールが生まれたきっかけですね。使い手目線で作ったことが良かったのか、非常にご好評いただいて、あっという間にメルマガサービス最大手の配信数も超えました。これには私自身も驚きましたね。

――自分自身がユーザーであった目線を活かして、お客様にとって使いやすいサービスを提供した結果、喜んでいただけたという事ですね。そして、コンビーズメールをさらにパワーアップさせたサービスがコンビーズメールプラスですね。

平井:そうです、ご利用者様からのご意見にこたえる形で、データーベース機能やレポート機能を搭載してリリースしました。メールマーケティングの業界もどんどん進化しますので、PDCAを回して、より有効なメルマガを送ってもらえるように、時代に合ったサービスを提供したいという思いがありました。

――IT業界はスピードが速くてどんどん進んでいく世界なので、時代に合ったサービスを提供するというのは重要だと思います。ステップメール配信に特化したナチュラルメールも、そうした流れを受けて開発したということでしょうか。

平井:そうですね。一斉配信メールだと、同じ内容を同じタイミングで送ることになります。しかし、ステップメールだとあらかじめ設定したシナリオに沿って自然なタイミングで一人ひとりの読者にアプローチできます。

――より自然なメールマーケティングが必要な時代になったと感じられたということですね。

平井:One to Oneの演出が重要になってきたと思いました。現代人のライフスタイルがどんどん多様化して、一斉配信だけじゃ補えない部分が出てきたなと。もっと個人に合わせたマーケティングが必要になってきたと感じましたね。

――それを受けて、ナチュラルメールの次にリリースしたのがコンビーズレコということですね。

平井:そうです。もともと、メール配信システムを利用してくださってる方々の中で、EC事業を展開されている方も多かったので、EC業界がどんどん進化していく様子を見て、コンビーズがここで役に立てることは何かなと考えたんです。最終的には、これまで培ってきたメール配信の技術や、そこから一歩進んだ人工知能(AI)のレコメンド技術を開発して掛け合わせれば、EC業界の役にたてるんじゃないかという結論に至り、コンビーズレコの開発に繋がりました。

――コンビーズレコは本当に多機能だと思います。AIによる顧客に合わせた商品紹介だけじゃなくて、メール配信時刻の最適化や、一人ひとりに合わせたアプローチができる機能が揃っているなと。

平井:「かゆいところに手が届く」ってことを念頭に、お客様に必要な機能を考えて追加搭載をしていきましたね。
コンビーズレコに限らず、サービスに搭載した機能を全部使ってください、という事ではなくて、自社に合った必要な機能をシーンに合わせて利用してほしいなと思っています。

――多機能なのは利便性だけでなく汎用性も高くするため、ということですね。

平井:はい、そのためには、やはりお客様の声に耳を傾けて、いただいたご意見をスピーディーに反映させられる体制を続けていきたいと思っています。何かお困りのことがあれば、ぜひ弊社にご相談いただきたいです。




SNSでもご購読できます。