売れない商品を売る3つの秘策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
売れない商品を売る秘策

ネットショップで扱っている商品は、売れると信じて制作したり仕入れたりしたものばかりだと思います。しかし、あらゆる商品を扱っていれば、どうしても一定数の「売れない商品」が出てきますよね。

でも、それを悲観する必要はありません。むしろ、売れない商品は一工夫するだけで大きな売上に化ける可能性を十分に秘めています。

この記事では、どんな商品も売れる施策について考えたいと思います。

不動在庫もコストである

「売れないんだから仕方ない」と、仕入れた商品をそのままにしていませんか?本のように返品できなかったり、制作したあと行き場のない商品が倉庫にうず高く積もってしまったり…。そんな不動在庫も、場所をとり続ければコストになってしまいます。

しかし、だからといって、いつか売れるかもしれない商品を処分するのもしのびないし、泣く泣く処分するとしても、処分するのにもコストがかかるし…と、結局そのままにされているケースがよくあります。

不動在庫による不要なコストを削減するには、「売る」以外に方法がありません。

売れない理由は「知らない」「興味がない」「必要ない」

そもそも、商品が売れない理由とはなんなのでしょうか。よく耳にする理由は「価格が高いから」「いつも利用しているお店が他にあるから」などの理由ですが、もっとシンプルに考えてみると、その理由は大きく3つに分類できます。

1.商品は知っているし興味もあるが、今は必要ない

ある程度お客様への認知ができているパターンです。この場合、お客様は「潜在顧客」といえます。しかし、「商品に興味を持ってくれているなら、必要になったときには買ってくれるだろう」と思って待っているだけでは、お客様が商品を購入してくれる可能性はいつまでたっても上がりません。
解決策へ

2.商品の存在は知っているが、興味がない

商品の認知度を上げることに成功しているものの、その魅力が十分に伝わっていないパターンです。価格が高くて検討材料から外れてしまったり、自分には関係のない商品だと思われたりして、購入のチャンスを逃してしまっているのです。
解決策へ

3.そもそも商品を知らない

お客様への認知度が低いために起こるパターンです。この場合はプロモーションに力を入れなければなりません。お客様はあらゆる情報にさらされていて、特定の商品を見つけることは、ほぼ偶然に近い状態になっています。良い商品だから勝手に評判が広まっていく、なんてことはあり得ません。
解決策へ

売れない商品を売るためには

ある大企業の社長は、「営業マンは売れない商品を売るのが仕事だ」と言って従業員に喝を入れたという話があります。ネットショップも営業マンそのものです。売れない商品をお客様にアピールするのは心身ともにパワーが必要ですが、売れないことを商品のせいにして、売れる商品ばかりに注力していては、いずれ売上も頭打ちになります。

工夫次第で売れない商品も売れるようになります。ここでは売れない理由に合わせた「売れる施策」について考えてみましょう。

1.商品を知っていて興味がある人には…

「今は必要ない」というお客様には、いざ商品が必要になったとき、自社のことを思い出してもらえるように、定期的なアプローチを続ける必要があります。

顧客リストを持っている場合は、定期的にメルマガを送ってお客様との距離を縮めます。人は、何度も見聞きしたものに対して好感をもつ心理が働きます。これを「ザイオンス効果」と呼びます。商品の購入を考えるとき、より親近感をもってもらったネットショップが強いのです。「そういえばあのネットショップはまめにメルマガを送ってくるな」と思いだしてもらえれば大成功です。

効果をさらに高めるために、初回購入やリピート購入特典をそれぞれ用意するのも方法の一つです。数あるネットショップの中から自社を選んでもらえるように、印象に残る特典やキャンペーンを用意することをおすすめします。

2.商品を知っているが興味のない人には…

この場合、一見チャンスがなさそうに思えますが、アプローチを変えるだけで十分売上に繋げることができます。例えば、リスティング広告を出稿してランディングページを作る場合、検索キーワードによって商品の見せ方を変えることにより、商品への興味をぐっと引き上げることができます。

その他にも、「掘り出し物」や「隠れた逸品」という表現を用いて商品をアピールすると、珍しいものが好きな方の消費者心理をくすぐることができます。
→【関連サービス】コンビーズレコ:機能一覧-掘り出し物のレコメンド-

言葉の表現ひとつでお客様へ与える印象が大きく変わりますので、商品に合わせて表現の切り口を変えてみると良いでしょう。

3.商品を知らない人には…

まずは、広告やSNSをフル活用して、こんなに良い商品を扱っている、ということを知らせなければなりません。地道にプロモーションを積み重ねていくことは長い時間を要しますが、こればかりはコツコツと続けなければ効果が出ません。

もしかすると、お店を利用してくれているリピーターすら、商品を知らない可能性があります。特に新商品が登場したときは、よほど自社のファンになってくれているお客様でない限りは、意外と新商品を知らないことが多いです。

その場合は、メルマガで商品のお知らせやキャンペーンを打ち出すことで認知度を高められます。本当に良い商品ならリピーターのお客様から口コミで情報が広がることも期待できるので、少し頻度を高めて商品をアピールしましょう。




SNSでもご購読できます。