楽天市場で生き残る工夫とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場で生き残る工夫とは

楽天市場はネットショッピングにおいて大きな市場を占めています。CMやメディアで楽天市場の名前を見ない日はありません。ネットショッピングする際は、必ずチェックするモールではないでしょうか。楽天市場の集客力が非常に高く、売上を伸ばしたい多くのネットショップが参入しています。

この記事では、強力なライバルたちと差をつけ、楽天市場店の売上を伸ばすためのポイントをご紹介します。

「楽天市場に出店しただけ」では売上は伸びない

ネットショップを運営するにあたって、集客力の有無は重要です。自社ネットショップは、自由にサイトを構築したり、自社の特徴をアピールしたりできますが、集客をイチから頑張らなければなりません。

対して、楽天市場は今や市場規模も国内最大級ですから、集客力は申し分ありません。楽天のポイントやセールなど、楽天側が集客を後押ししてくれるので、楽天市場に出店するのは大きなメリットがあります。

しかし、その一方でデザイン面での個性が出しにくく、他店との差別化が難しいという難点もあります。せっかく楽天市場に出店しても、その集客力をいかして自社ネットショップへお客様を呼び込めなければメリットが半減してしまいます。あらゆるショップが創意工夫してお客様を集めようとする中で、いかに個性をアピールしてお店のことを覚えてもらえるかが集客力アップのカギになります。

楽天でも創意工夫が必要

楽天に出店している他のお店との差別化を図るためには、サイトや商品の見せ方、接客で差をつける必要があります。今からでも取り組める工夫もありますので、自社に足りていないと感じたら、ぜひ試してみてください。

1.サイトの見せ方を工夫する

ネットショップの見た目は非常に重要です。お客様が何を探しに来ているかを考えて、売りやすい導線を作る必要があります。

そのためには、自社の強みがなんなのかををよく理解しておく必要があります。安さが自慢なのか、商品数が自慢なのか、即出荷対応が自慢なのか…まずはそのポイントが一目でお客様に伝わるような工夫をしましょう。

例えば、商品バナーを値段重視のインパクトあるものに変えてみたり、「あす楽」対応の商品を前面に押し出してみたり、お客様にとって「刺さる」ポイントを絞ってみてください。反応率が自然と変わってくるはずです。

2.商品の情報量で差をつける

扱っている商品がオリジナル商品ばかりであれば、それが自然とお店のオリジナリティとして成立ちますが、そうでない場合は、その商品に関する情報量が他店との差をつけるポイントになります。

例えば、A店では「最新型パソコン 100,000円」とだけ書かれていて、B店では「○○社の新商品 ××もできる新型パソコン 今だけ特別価格100,000円でご提供」と書かれていたとすれば、どちらが購買意欲を掻き立てるかは一目瞭然です。

他にも、作り手の思いや実際に使ってみた感想を加えてみたり、「この商品を買えばあなたの生活の●●が変わる」という、未来を想像させるような紹介文を入れてみたりすると、お客様の得られる情報量を増やすことができるので、購入に繋げやすくなります。

商品紹介のテキスト作成は労力のかかるところですが、決して妥協しない方がいいでしょう。

3.接客で差をつける

ネットショップはお客様と対面して接客ができません。だからこそ、お客様に満足していただける工夫が重要です。

例えば、お問い合わせには24時間以内に対応する、クレーム対応をマニュアル化して、お客様対応を徹底する、製品の梱包はどこよりも丁寧にす、など。

お客様がショップを評価する点は、「自分に対してどれだけのことをしてくれたか」という部分です。注文された商品をただ送る、という最低限の事をしているだけでは、お客様の印象に残ることは難しいでしょう。また、お客様が不満に思われた点をすぐに改善しなければ、お客様はすぐに他の店舗に流れていってしまいます。

顔が見えない分、接客の難易度はぐっと上がります。当たり前のことを当たり前にこなしつつ、プラスαでサービスを工夫することが他店との差をつける重要なポイントなのです。

今の業務量を保ちつつ収益を上げるなら、コスト削減に着手

ネットショップの多くは売上を伸ばしたいと考えていると思いますが、人的コストや自社のキャパシティから、「現状を維持しつつ収益を上げたい」と考える人もいらっしゃいます。その場合は、コスト削減を意識した運営を心がけると良いでしょう。

コストのうち、大部分は「人件費」が占めています。人件費を削減するためには無駄な業務を徹底的に省く必要があります。

今、楽天市場店に出店しているネットショップに向けた、作業効率化を図るツールが数多くリリースされています。ショップに表示する商品を自動で更新するツールや、ショップレイアウトを簡単に変えられるツールなど、工数削減に役立つものが多いです。

もちろん、それぞれに利用料は必要ですが、人件費と比べてみると安く済むパターンがほとんどです。結果的には、顧客対応や出荷作業に余裕ができ、先ほど述べた「接客」部分で顧客満足度をアップさせることに注力できるようになります。

自社ショップの規模を鑑みて、自動化させるべきルーチン業務はどんどんツールに任せましょう。




SNSでもご購読できます。