効果的なメルマガを短時間で仕上げるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
効果的なメルマガを短時間で仕上げるコツ

今でもメルマガは販促ツールとして有効な手段の一つです。毎日時間をかけてメルマガを書いているネットショップ担当者の方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、メルマガは時間をかけたから読まれる、というわけではありません。読者にとって読みやすい内容を短時間で書くことがメルマガ作成のコツです。

この記事では、メルマガを効率よく作成するためにできる工夫についてご紹介したいと思います。メルマガの作業時間を削減したい方はぜひご参考になさってみてください。

メルマガの作成時間は削減できる

メルマガの作業時間は工夫次第で短縮することができます。ここでは3つの工夫をご紹介したいと思いますので、ご自身に合った書き方で試してみてください。

1.会話するつもりで書く

かしこまった文章を考えて、これで日本語として正しいかどうか悩んでしまったり、堅苦しい言葉がどんどん増えてしまうタイプの方は、会話するように書く、という事を意識してみましょう。読者の方も、かしこまったお堅い文章は読んでいて疲れてしまう、とよく言われます。

ある方は、メルマガを書くときは親しい相手にお手紙を書くように書く、と仰っていました。そうすると、書くスピードが上がる上、読者に親近感をもってもらいやすくなるというのです。

確かに「○○会社からメルマガが届いた」と思うのと、「○○さんからお手紙(メール)が届いた」と思うのとでは、読者のモチベーションにも違いが出てきます。

企業から公式的に送るメルマガがフランクになりすぎるのもよくないですが、ある程度人間味のある文章を書くと、書くスピードも開封率もあがります。

2.ルールを決める

メルマガで使う文章のルールをあらかじめ決めてしまいましょう。構成や口調、使う絵文字やライン装飾まである程度決めてしまえれば、あとはそれらを組み合わせるだけで済むので、メルマガを書くときの流れがよりスムーズになります。

メルマガを書く途中で、「あれ、前のメルマガではどんな風に書いてたっけ?」と考えていては、なかなか前に進みません。

もしABテストをしていたなら、その結果も踏まえて「次のメルマガはこう書く」というルールを決めておくと、以降の執筆が楽になります。

3.一部分だけ編集する

メルマガの構成も決まってきて、編集箇所が固定的になってきたら、前回のメルマガを複製して一部分だけ編集するのも方法の1つです。

ちょっと極端ですが、毎回ほとんど同じ内容にして、クーポンとして使える合言葉やナンバーだけを編集するという方法もあります。読者も、クーポンをゲットするためにメールを開封してくれるうえ、そのクーポンを活用するために商品を買いに来てくれます。

よほど時間がない、最低限のメルマガだけで良い、という方はこの方法も有効です。

内容も『パーソナライズ』する時代

メルマガの内容は相手が読むことを前提に、読者にとって良いコンテンツを用意することが重要です。しかし、今では内容も一人ひとりの好みに合わせた内容に編集することが求められています。特に、商品や情報を多く取り扱うネットショップでは、自社のおすすめ商品だけを掲載するより、お客様の行動データから特定のコンテンツをピックアップする方法がメジャーになりつつあります。

このメルマガのいいところは、内容を考えなくていいことと、クリック率が上がることです。お客様も自分の好みに近い情報が得られるので、メールからネットショップに流入しやすくなる傾向があります。

もちろん、内容はシステムが自動で作成するので、メルマガ担当者の仕事はほぼなし。フォローメールを送るツールも増えていますので、一人ひとりに合わせたプロモーションを検討している人は各社サービスを比較してみましょう。
→【関連サービス】コンビーズレコ:メールでのレコメンド

自動配信で時間短縮

先ほどご紹介した本文のパーソナライズ化のお話は、メルマガ本文の作成をAIに丸投げすることで作業時間を減らしましょう、という事ですが、メルマガの本文にこそ力を入れたい、自分が最良と思うコンテンツをお届けしたいという方は、配信作業を簡略化することを目指しましょう。

メルマガの効果を出すためには、配信時間が重要になってきます。メルマガを何時に送るかで開封率に大きく影響することは、担当者ならよくご存じかと思います。しかし、その配信時間を調べるためにかかる作業量はなかなかのものです。そのうえ、時間をかけてABテストを繰り返し、一番開封されやすい時間を狙ったとしても、開封してくれるのは一部の人に限られてしまいがちです。

配信時間のリサーチと配信設定の手間を省くには、配信時刻を自動でリサーチ、最適化してくれるメルマガ配信システムを使うことをおすすめします。今では個人に合った最適な開封時間を判断して、読者に読まれやすい時間に自動でメルマガを送ってくれるメール配信サービスが登場しています。システムを上手に活用すれば、メルマガ執筆に集中できますし、メルマガの効果もアップさせることができます。
→【関連サービス】コンビーズメールプラス:配信時刻の最適化

内容が面白いものであれば、開封率やクリック率もぐっと上がりますので、ネットショップの訪問率やコンバージョン率を上げる事にも繋がります。自分にしかできない業務とシステムに任せられる作業を見極めて、うまく使いこなしてみてください。




SNSでもご購読できます。