開封率測定・開封者特定:コンビーズメールプラスレポート機能紹介第一弾!

コンちゃんビーちゃんの夏こんにちは!
コンビーズのハマちゃんです(・’ω’・)

梅雨が明けた近頃は、家の窓辺に風鈴を飾りたいなーと思っています。
ふとしたときに音色が聴こえたら素敵ですよね♪
きれいな音の風鈴を探してみようかな!((o(´∀`)o))

今回は、メール配信サービスコンビーズメールプラスの効果測定に役立つ機能をご紹介!
第一弾は昨年11月に搭載された「メール開封率測定・開封者特定」機能について、詳しくご案内していきたいと思います。
それでは、今日もよろしくお願いします(*^^)v

開封率・開封者概要

開封率の測定について

開封率とは、一度の配信で送信したメールニュース・メールマガジンの総数(読者数)に対して、何人がメールを開封したかをパーセントで表したものです。
例えば、5人の読者に対してメールを送信、3人が開封をした場合、開封率は60%ですね!

開封率を見ることで、「いつ・どんな件名で配信したメールが開封されやすいか」などの検証が可能です。

開封者の特定について

開封したメールの読者の情報のうち、メールアドレスと開封日時がCSVファイルで参照できます。

CSVデータイメージ

メールを配信してからどのくらいの時間で読まれたか」「狙っているお客さんの層に読まれているか」などが判明することで、次回以降に配信するメールの改善に役立てられます。

コンビーズメールプラスでの開封率の測定・開封者の特定のしくみ

メール本文内に通常では表示されない小さな測定用画像を埋め込み、送信します。
測定用画像には、Aさん用、Bさん用と読者一人ひとりに個別のリンクアドレスを設定してあり、画像が読み込まれる(メール本文が表示される)ことで、メールの開封を検知します。
コンビーズメールプラスではHTMLタグの埋め込みや送信時の特別な作業は不要!すべてのHTML・デコメール送信で機能をご利用いただけます。

開封を検知するしくみ

※ご注意
開封率測定・開封者特定機能は、HTML・デコメール両形式に対応しています。テキスト形式では機能をご利用できません。
また、HTML・デコメール両形式であっても、受信端末の設定などにより画像が表示されない場合は、機能がご利用できませんのでご注意ください。

いかがでしたでしょうか?ぜひこの機能を役立ててもらえると嬉しいです。
次回は、効果測定機能紹介編の後半!「クリックカウンター機能」についてご紹介したいと思います。
今日の天神祭の花火が楽しみだな~。それではまた次回お会いしましょう!ハマちゃんでした(・’ω’・)