コンビーズのASP型メール配信サービスって何だろう?他のメール配信との違いも説明!

こんにちは!お久しぶりになってしまいました。
コンビーズのハマちゃんです(^^)

ゴールデンウィークも明けて、いよいよ夏も近い今日この頃。
初夏ならではのさわやかな空気がとても気持ちよくて、お昼休みは少し散歩していました。
ほどよく気分転換したところで、この記事を書いています!

さて、今回はコンビーズが提供している「コンビーズメールプラス」「コンビーズメール」「ナチュラルメール」の、「ASP型メール配信サービス」についてや、他のメールサービスなど、メール配信サービスについてお伝えしていきます。それぞれの違いも詳しく説明してまいりますので、ぜひご覧ください♪
それではどうぞよろしくお願いします!m(_ _)m

メール配信サービスの違い

ひとくちにメール配信と言っても、さまざまなタイプのサービスがあります。こちらでは代表的なものを紹介していきます。

ASP型
概要 InternetExplorerやFirefoxやChromeなどのウェブブラウザからインターネット上のサービスにアクセスして操作するもので、近頃はクラウド型とも呼ばれています。
コンビーズが提供している「コンビーズメールプラス」「コンビーズメール」「ナチュラルメール」も、このASP型です。
課金体系は、保有メールアドレス数や月間配信数によって月額費用がかかるものが多いです。
メリット ・読者のメールアドレスを自社で管理可能
・高速・大量配信に強い
・システムのメンテナンスが不要(いつでも最新のバージョンが利用可能)
デメリット ・ランニングコストがかかる
サーバー導入型
概要 自社のサーバーにソフトウェアをインストールすることで利用するサービスです。
メリット ・必要な機能などのカスタマイズが柔軟にできる
・自社のセキュリティレベルに合わせて運用可能
・読者のメールアドレスを自社で管理可能
・自社内のEC・顧客管理・基幹システムなどの既存システムとの連携が容易
デメリット ・初期費用が高価
・インストール・セットアップの手間が必要
・システムの管理・保守を自社で行う必要がある
メールマガジン配信スタンド
概要 ポータルサイト上にカテゴリ・ジャンルごとに掲載されて、読者はサイトから目的のメールマガジンを見つけられるサービスです。
メリット ・無料で登録・配信可能なものが多い
・ポータルサイトから読者が増える
デメリット ・無料のものは文面に強制的に広告が挿入される
・読者のメールアドレスを閲覧・管理できない
・差出人アドレスに自社のメールアドレスを設定できない(配信スタンドのメールアドレスを使用)
・配信メールが迷惑メールとして処理される場合がある
ソフトウェア組み込みのメール配信機能
概要 ECや顧客管理のシステムに組み込まれているメール配信機能です。
メリット ・システムの顧客リストと効率的に連携できる
デメリット ・システムの付属機能なので機能が少ない(HTMLメール・開封率アクセス率の解析などができないものも)

いかがでしたでしょうか。整理しながら自分自身も再確認できました◎
それではまた次回の記事もお楽しみに~♪ハマちゃんでした(*^^*)