コンビーズの創業について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社長インタビュー

弊社代表取締役の平井へ、広報担当があらゆる切り口でインタビュー。メディア記事や面接では語りきれないコンビーズへの思いについて、たっぷり聞いてみました。
社長へのインタビューシリーズ第1弾。今回はコンビーズの創業についてお聞きしました。コンビーズの歴史を創業時からひも解いてみたいと思います!

――今回はコンビーズ創業時のお話をお伺いしたいと思います。コンビーズを起業する前、メルマガを配信していたとお聞きしました。

平井:はい、「なーるほどドットコム」というメルマガを配信していました。エクセルやワードなどで使えるショートカットキーのテクニックなどを紹介していました。しかし、当時使っていたメール配信システムに対して、「もっとこうできたらいいのに」という思うことが増え、それなら自分で納得のいくメール配信システムを作ってしまおうと思い立ちました。そして、2002年に有限会社コンビーズを立ち上げて、「コンビーズメール」をリリースしました。

――もともと、起業したいという思いがあったのでしょうか?

平井:いえ、私にとって、起業はあくまでも選択肢の一つでした。何かをやりたいという思いはずっと持っていたんですが、特定の企業に入ってしまうと、自分の本当にやりたいことを成し遂げるのはなかなか難しいところがあります。自分で責任を持って、自分の本当にやりたいことをやる、という思いを実現させるためには、起業するという選択肢が最善だと思ったので、会社を立ち上げることを選びました。

――あくまでも、本当にやりたいことをやるために起業した、という事ですね。実際に起業して、最初にリリースしたのがコンビーズメールということですが、不安はありましたか?

平井:不安よりも自信の方が大きかったですね。コンビーズメールは、リリース前からいろんな人に意見を聞いていたので、その要素がすべてそろっていれば、きっとご満足いただけるだろうと確信していました。事実、サービス開始からわずか10か月で月間メール配信数は1億通を突破しましたし、1年半後にはメルマガサービス最大手の月間配信数を超えたので、私自身も驚きました。リリース当初からたくさんの方に使っていただけて、ありがたい気持ちでいっぱいでした。

――コンビーズメールは起業してすぐリリースされましたが、非常にスムーズな滑り出しだったということですね

平井:そうですね。あらかじめ周囲の人たちに「どんなメール配信システムなら使いたいですか」とヒアリングを重ねていましたので、ニーズにマッチしたんだと思います。メルマガを配信していたころ、同じようにメルマガを発行している仲間がいました。その人たちがオフ会などで「『コンビーズメール』っていうメール配信システムが便利だよ」と良い評判を広めてくれたんです。私自身も、「コンビーズメール」という名称をどんどん出してアピールしていきました。それが功を奏して、スムーズな滑り出しを可能にしたんだと思います。

――コンビーズは起業して間もなく、急成長を遂げたんですね。

平井:はい、応援してくださった方やご利用くださったお客様のおかげです。大きな成果を出すことができたので、より幅広い事業展開を行うことを決断しました。そこから少しずつ、ともに歩んでくれるスタッフを増やして、コンビーズメールプラスやナチュラルメールなど、新たなサービスの提供を開始しました。

――経営者として、創業当時から心がけていることはありますか?

平井:「まじめにやろう」という思いをずっと持っています。お金を稼げればいい、お客様に言われたことだけを提供すればいい、という考え方は持っていません。
例えば、コンビーズはセキュリティに非常に気を使っていて、Pマーク、ISO27001、TRUSTeは10年ほど前に取得しています。メール配信システムを運営する以上、情報の取り扱いをないがしろにはしたくないと思っていましたので、早い段階で取得することを決めました。

――確かに、コンビーズのセキュリティは強固だと思います。各スタッフは必ずCPAを取得するようにしていますし、社内でも毎月細かなセキュリティチェックが行われています。私がCPA取得のために研修へ行ったとき、「こんなに真面目に、新しいスタッフさんが入社されるたびにセキュリティ研修を受けさせる企業は珍しいですよ」と言われました。

平井:セキュリティ研修は重要です。アルバイトの方も全員に対して入社時に教育を行っています。基準レベルに達しなければ仕事に着手できません。お客様に安心してコンビーズのサービスを使っていただくために最低限必要なことですので、これからも徹底していきます。

――お客様の安心といえば、コンビーズはサポート満足度も非常に高いです。

平井:そうですね。つい最近も、私個人のFacebookに、お客様から「サポート担当のスタッフがとても一生懸命対応してくれたので、契約を決めました」という、嬉しいお声をいただきました。スタッフ一人ひとりがお客様と真摯に向き合ってくれた結果だと思っています。契約に至るまでの間だけじゃなく、ご契約いただいた後も品質向上のための不具合の調整や不明点のサポートなど、きちんと対応できる企業でありたいと思っていますし、それについてきてくれるスタッフがたくさんいることを心強く思っています。
創業してもう15年以上が経ちますが、これからもスタッフ一丸となってお客様に満足いただける真面目な企業として走り続けたいと思います。


SNSでもご購読できます。