Yahoo!ショッピングで売上を伸ばすには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahooショッピングで売上を伸ばすには

自社ネットショップを立ち上げる時、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった「モール」へも出店するか否か、検討する方が多いと思います。しかし、「そもそもどのモールへ出店するのが良いのかわからない…」「出店したら売上が伸びるだろうか?」と、不安に思われる点もあるでしょう。

この記事でご紹介するのは、モールの中でもちょっと特殊な面を持つ「Yahoo!ショッピング」についてです。もし、出店したいモールの候補に「Yahoo!ショッピング」が入っていらっしゃる方は、ぜひ参考になさってみてください。

Yahoo!ショッピングが衝撃の「手数料無料化」を実施

集客力において抜群の実績があるのがモールです。新規出店でもある程度の集客が見込めるモールへの出店は魅力的。しかし、最初に目の前に立ちはだかるのは「初期費用」という出費です。通常、モールに出店するには様々な初期費用が必要になるうえ、月額利用料や手数料など、出店時に数十万円必要になることが一般的です。しかし、2013年にYahoo!ショッピングがそれらを無料化する施策に踏み切りました。

Yahoo!ショッピングという大きな市場に誰でも出店できるチャンスが生まれたため、業界の中でも大きな反響を呼びました。しかし、そのニュースをきっかけに出店希望者が急増。今では数十万店舗を有する巨大モールとなりました。つまり、出店の敷居が下がったために、ライバルが一気に増えてしまったのです。

Yahooショッピングで売上を伸ばすには

本記事を読まれている方の多くは、「Yahoo!ショッピングに出店したら売れるだろうか?」という疑問をお持ちだと思います。結論から言うと、何の工夫もしないでYahoo!ショッピングの集客力にのみ頼った運営方法では、売上を伸ばすのは難しいでしょう。先ほど述べたように、今のYahoo!ショッピングにはたくさんのライバルがいますので、無策で売上を伸ばすことはできません。

しかし、だからといってYahoo!ショッピングに出店しない方がいいかというと、もちろんそうではありません。工夫する余地はたくさんあります。

ここでは売上アップに繋がる施策を3つかご紹介したいと思います。

1.Yahooショッピング内での検索対策をする

Yahoo!ショッピングモールを訪れる多くのお客様は、欲しい商品を検索してからお店に訪れます。つまり売上の伸ばすためには、Yahoo!ショッピング内で商品検索が行われた時、検索結果で上位に表示されるための工夫が必要となるのです。

上位表示というとSEO対策のようですが、Yahoo!ショッピングには特殊なルールが設けられており、一般的なSEO対策とは内容が異なります。Yahoo!ショッピングの検索で上位に表示されやすい商品は、「商品名・キャッチコピー・商品情報が入力されたもの」や「在庫のあるもの」「送料が無料のもの」といった、お客様にとって買いやすい条件が揃ったものです。

自社の商品がお客様にとって買いやすくなるにはどんな工夫が必要になるのかを検討してから対策を立てることが、売上を伸ばすポイントです。

2.Yahooショッピングの企画を利用する

Yahoo!ショッピングには様々な企画が用意されています。例えば、Yahoo!ショッピングでお買い物をするとTポイントの付与率が上がる「ポイントアップキャンペーン」が代表的な企画です。売れている店舗は、このキャンペーンに合わせてメルマガで販促したり、クーポンをプレゼントしたりして、さらなる集客を目指す工夫をしています。

「Tポイントが増えるから、お客様も増えるだろう」と企画頼りになっては他店と差が開いてしまいます。企画に合わせて自社をうまくPRすることが重要です。

3.ワンランク上のプランならニュースレターも送信できる

モールへの出店というと、どうしても集客力に目が行って、新規顧客の獲得に注力してしまいがちですが、リピート集客も疎かにはできません。上位プランの場合になりますが、Yahoo!ショッピングなら顧客情報を活用したニュースレター(いわゆるメルマガ)を送ることができます。

メール配信によるフォローやアプローチができる環境を整えてくれているので、この機能は積極的に使うことをおすすめします。

自社サイトへ誘導する

Yahoo!ショッピングが他のモールと大きく異なるポイントは、自社ネットショップへの流入を促すことができる点です。つまり、集客が得意なYahoo!ショッピングでお客様をたくさん集めて自社ネットショップへ流入を促し、自社のファンを増やせる仕組みが用意されているのです。

Yahoo!ショッピングの初期費用の安さや集客力を考えると、自社ネットショップとの両立はとても魅力的ですので、検討してみることをおすすめします。ただし、複数のネットショップを同時に運営すると、在庫管理の問題などが出てきますので、その場合は一元管理システムの利用をおすすめします。

Yahoo!ショッピングの集客力は非常に魅力的です。しかし、なんの工夫もしなければ、売上はいずれ頭打ちになります。Yahoo!ショッピングへの出店を検討するのであれば、検索対策やキャンペーンの活用などで、いかに他店と差別化を図り、ファンを獲得するかをあらかじめ考えておいたほうが良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。