組織変更中です。社員の人間成長とリスク選択

代表の平井です。

今、組織構造を見直し中です。

ICT業界は変化が激しく、勉強を怠ったり戦略をミスすると置いてけぼりを食らう世界なのですが、市場にもっと密着して追随していくために手をいれていっています。

また、競争も激しく、じっくり腰を据えて事業展開している会社もあれば、しばらくすると、もう別にところに矛先を向けている会社もある変化激しい業界です。

今日の敵は、明日の味方。格言の反対ですが、なんだかそんな感じです。

さて、コンビーズの組織変更ですが、目指すはスピードです。

より早くマーケットに応えられるようにするために、少人数で意思決定できるよう権限移譲するのがメインです。

同時に、的確な判断ができるようマーケットに触れる機会を増やして社員のスキル向上を今以上に進めます。

組織構造と仕事内容を少し変更するだけであれば、人の配置を変更するだけで済みますが、それでは業界スピードに満足には乗っていけません。

大きな困難を伴いますが、社員の人間成長と、リスクをとる事業展開を目指す組織変更を選択します。

つまり、安定的に収益を維持できることを目指すのではなく、社員も会社も成長していける方法を選択するということです。

うまくいかない可能性ももちろんあるのですが、一所懸命努力できる環境を提供すること自体が経営者の仕事であり、リスクを取らずして果実は得られないからです。

進め方の順番は、社内での危機意識の醸成と変革を進めるメンバーを設定し、ビジョンを明確にします。

できるだけ現場に近いところでもビジョンを明確にしてもらいつつ、全体へのビジョン浸透に努力しながら、社員自らが行動できるように仕組みを整えていきます。

少しの成果でもいいので実感を持てるようになって来れば、それを定着できるようになるまで気を緩めないことが大切です。

社内制度などの仕組み化も行なって、繰り返し前に転がっていけるように手を抜かず人を巻き込みながら、継続努力。

既に道半ばにしていろいろ大変なことが多いのですが、いい結果が出るように邁進中です。

今後とも、コンビーズをよろしくお願い申し上げます。